就職と求人、正社員で働く。解雇と再就職の真実!

就職面接における質問のマナーについて

どのような点に注意をして面接を受けることで、採用OKの返事をもらうことができるものなのでしょう。面接官にすすめられてから着席するとか、相手の目を見て話すなどの一般常識は意識して当然のことです。面接会場にいる担当者は、色々な人と会っていることもあり、最低限の常識は持っていて当然という見方をしています。面接の担当者とコミュニケーションを取ることは、面接本の情報を踏まえてもなかなか大変なものです。面接官との対話とは、質問されたことに対する回答だけでなく、面接官への質問もあります。まず最初は謙虚な姿勢で面接官の説明を聞き、質問に答えることが大事です。シンプルな相槌を心がけましょう。先方の言葉が興味深いことだったとしても、軽く相づちを打っていると、印象を損ねることがあります。相槌などは日頃、無意識のうちに行っていることなので、つい普段の所作が現れてしまうものです。面接の間は、相手の言っていることを途中でとめるようなことはしてはいけません。質問をしたい時は、一言断ってからにしてください。他人とコミュニケーションをとる時の常識がわかる人物だと理解してもらうためには必要なステップです。面接の最後には、面接官からほかにご質問はありますかと聞いてくるのが普通ですので、その時まで質問を控えるという方法もあります。いずれにしても、面接官のペースに合わせることが就職面接で成功する秘訣といえるでしょう。