就職と求人、正社員で働く。解雇と再就職の真実!

就職の面接時における質問と回答

就職活動では面接が必ずありますが、基本的には質問に順々に答えていく形になります。会社に入ったらどんな仕事をしたいと思っているのか、志望の動機は何かといったことが、面接での質問の定番となっています。それ以外に、面接でよく質問されることといえば、現在に至るまでどういった仕事を経験しており、どんな資格や技術を持っているかです。必ず聞かれるものとして代表的な質問に対しては、事前に準備しておくことが重要です。面接を行う会社の立場としては、予測可能な質問ばかりをしていると、通り一辺倒な回答しか得られないというジレンマがあります。予め用意されている回答では、判断する材料としては不十分である場合もあるので、質問する内容も考慮されたものが多くなっています。思いもかけない質問をして、その場で回答を考えなければいけなくなった時ほど、その人の考え方が見えてくることがあります。面接官が、どういう答えを求めて質問をしてきているか、自分はそれにどう答えることで自己PRをするは重要です。面接官が質問をし、応募者が答えるというやり取りが基本になりますのから、質問をされた時は質問内容と相手の意図を知ることが大事です。もしも面接官による質問が分からなかったのであれば、もう一度聞き直すことも必要です。聞かれたことにどう答えるかだけでなく、わかりにくい質問にどう対処するのかも相手に見られているわけです。面接時には質問に対する回答はもちろんのこと、その過程における対応内容も見られていることも意識して面接に臨むことが大切です。