就職と求人、正社員で働く。解雇と再就職の真実!

就職面接の時の質問と自己PRについて

就職をする場合は、面接を受ける必要があります。面接をせずして人材を採用をすることは、ほぼありません。面接官は面接時の受け答えなどを見て、その人を採用しても良いかどうかという事を判断します。面接では質問がいくつかされ、応募者は質問に回答します。その回答を聞いた上で、会社側は採用するかを決めます。事前の支度を入念に行っておくことが面接では必要だといいますが、面接に対する支度とは何をすればいいでしょう。中にはノープランで面接の場に行ってしまう人もいるようですが、事前の備えがあったほうが面接を突破しやすくなります。面接の時に気をつけなければいけないのが、質問に対する答えを本やインターネットを参考にしすぎないという事です。勿論、無難な答えとなるので大きな失敗はしませんが、良い評価を得られるかどうかは疑問です。面接では当たり前の答えが聞きたいという訳ではなく、いかに自分なりの回答をする事が出来るかが重要なポイントになります。聞かれたことに答えることで、自己PRをするのが本来の目的です。面接を受ける時には、自分の人となりを伝えると同時に、能力、やる気、会社にどのように貢献できるかを伝えることです。他の人にはできないことで、自分にはできることを、相手に伝えることも面接では必要です。もし見つからない場合は今までの自分を箇条書きで書き出して、頑張った内容をより詳しく説明できるように準備しておくことが大切です。