就職と求人、正社員で働く。解雇と再就職の真実!

転職活動では面接時の志望動機が重要なポイント

どうしてこの企業の勤めたいと思ったのか、自分の言葉で話すことができるかどうかが、採用面接では重要です。面接官が面接試験で最も重要視しているのは、応募した人がどのくらい働きたいと思っているのかという意識の高さです。応募しているので意識が低い人はいないと思いますが、会社に入って仕事をしたいという意識の高い人ほど評価が良いのは言うまでもありません。志望動機という絞られたテーマについてどんな話をするのかは、自分自身をアピールするより、話が明確化されています。休日があり、福利厚生がある程度整っていて、家から近ければ、別にどんな企業で働いても構わないという人は、案外多いものです。ですが、それを飾らずに言葉にすると、面接ではマイナス評価になり、採用を見送られてしまうことでしょう。前向きな理由で、転職をしたいという動機を語ることによって、面接の場での評価は高いものになるはずです。前の会社の労働条件が悪かったことではなく、もっと責任のある仕事がしたいなど、新しい会社に入社してからの事を話すと良いでしょう。面接時の志望動機で必要になるのは、前向きな内容はもちろんのこと、具体的にこの会社を選んだ理由です。単純に、働きたい、真摯に取り組みたいという抽象的な言葉を羅列するのではなく、どんな仕事をしたいと思っているのか、どんな能力がここで活かせると思うかを話しましょう。面接官の印象を損ねないためには、志望動機について給料や、勤務地や、福利厚生のことを前面に押し出しすぎないようにしておいたほうが無難です。本当のことをいいながら、自己アピールになることを交えていくことが、志望動機を上手に話す時には大事なことです。